不登校新聞

314号(2011.5.15)

メンヘル時代の居場所論 当事者インタビュー(中)

2014年01月24日 10:32 by kito-shin
2014年01月24日 10:32 by kito-shin



 引き続き、私が関わっている若者の居場所コムニタス・フォロのメンバーへのインタビューを掲載する。(山下耕平)

――フォロに来たころは、どんな感じだったんでしょう?
 19歳の夏、いままでにないくらい、しんどさが押し寄せてきて、1分1秒が、とてつもなく長く感じられた時期がありました。家の手伝いとして庭の水まきをしていたんですが、その夕方の30分を1日中、心待ちにしてました。でも、それ以上のことはできないんですね。水まきをしているあいだは、音楽を聴きながら、何も考えずにできた。それで夏がすぎていった。
 
 「このままじゃ私、自分のことしか考えられなくて、人生が終わってしまう」と思ったんです。どこにもつながりがなくて、自分のことだけ考えてたら、窒息してしまいそうなくらい、自分のことばっかりだった。「このままじゃいけない。でもどうしていいか、わからない。自分以外のことを考えたい」と思ったとき、フリースクールに行けないかって思ったんですね。それで、母がフォロのことを見つけてくれたんです。それが、大きな転機でした。それから、いろんなことが動いていきました。

――最初の印象は?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…