不登校新聞

314号(2011.5.15)

漫画家・あずまきよひこさん取材後記

2013年08月05日 14:44 by kito-shin

助けてくれたマンガ

 
 僕は中学校1年生の秋から半年間、自分の部屋からは、ほとんど出ない生活を送っていました。というのも、中学生になって部活の人たちとの関係がイヤになり、完全な人間不信になっていたからです。親が言うには中学生になってから異常に目つきが険しくなっていたらしいです。当時、僕が覚えているのは、めまいや立ちくらみが多いこと。それと学校に行かなくなってからは、朝は2時間、昼と夜にも一回づつ計3回の入浴をしていたことです。理由はよくわかりません。
 
 僕は小学校3年生から大手の進学塾に通い始め中学受験をしました。小学校6年生の夏休みのとき「夏休みもこんなに勉強ばっかりなのか」とうんざりしたのをよく覚えています。その後、私立中学に合格しましたが、私立中学校は知らない人ばかりだし、キビキビとした空気になかなかなじめずにいました。そこに最初に言った部活の人間関係が絡み、学校に行かなくなりました。
 


半年ぶりに…

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...