不登校新聞

436号 2016/6/15

学校の人権侵犯過去最高 不登校の歴史vol.436

2016年06月10日 17:42 by kito-shin


 2011年3月11日午後2時46分。巨大地震が東北・関東を襲った。三陸沖を震源とするマグニチュード9・0を記録した「東日本大震災」である。この巨大地震がもたらした影響は、あらゆる方面に拡がり、不登校への影響もいろいろあったが、それは昨年数回にわたり、本欄で書かせていただいた。日本中が、東日本大震災への対応や支援に必死だった。筆者も、毎月1回~2回、泊まりがけで東北に出かけ、「オルタナティブ教育法(仮称)」への取り組みもしばらくストップ状態となった。それどころではなかった、と言っていい。

 3月11日、くしくもこの日、法務省は「いじめに関する人権侵犯事件が過去最高になった」と発表した。「学校におけるいじめに関する人権侵犯事件」として法務省の人権擁護機関が新たに救済手続きを開始した件数が2714件となり、前年より1・5倍となったのだった。つまりこれは、学校側の対応が不適切であったものが、前年より930件多く、2714件もあったのである。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...