不登校新聞

436号 2016/6/15

毎朝の出欠連絡、どうしてますか? 【不登校Q&A】

2017年05月22日 12:15 by kito-shin


連載「親のための不登校Q&A」vol.3


 学校への連絡はどうするのか。これもけっこう悩ましい問題です。これまでならば、子どもが欠席するときにだけ、朝、学校に電話して欠席理由を伝えます。小学生なら、連絡帳に書いて近所の子にあずけるのかもしれません。でも、それが不登校となると事情はちがってきます。
 
 私は、その朝の時間が苦痛でなりませんでした。まず、息子は今日、起きてくるのか? 起きたら学校に行くのか? 毎朝、時計を見ながら、息子の部屋の気配に全神経を集中させて、物音に聞き耳を立てます。そうしていると、心臓がバクバクしてきて、自分の心臓の音が聞こえるくらいでした。「あ~、起きてこなかった。学校行かないんだ」、そう確信してから、今度は学校に電話しないといけない。それもまた苦痛でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...