不登校新聞

436号 2016/6/15

入学から半年で不登校 親に本音を話せなかったワケ

2016年06月14日 11:37 by motegiryoga


 今回お話を聞いたのは、19歳の不登校経験者。彼女は今年の4月から大学生。高等専門学校に通っていた16歳のとき、不登校を経験したという。当時、一番つらかったことは何か。また、今だから話せる当時の本音について、うかがった。

――不登校はいつから?
 高等専門学校1年生の11月からです。高等専門学校のデザイン学科に入学したのですが、課題や勉強がすごくハードで、ついていけませんでした。それでも入学からがんばって走り続けましたが、11月に力尽きてしまいました。
 
 その後は高専を退学して、しばらくは家にこもっていました。4月に通信制高校と提携したサポート校に転学したんですが、そこも最初は行けなくて……。 でも7月ごろ、「なんとかして高校は卒業しよう」と思い、いやいやながらですが、行き始めました。そしたらいい先生との出会いがあり、授業であつかわれた経営学に興味を持ったりして、少しずつサポート校ですごすことが多くなりました。いまは、大学で経営学を専攻しています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校になった私の過去、20代になって整理できるように

514号 2019/9/15

苦しさの根本は親の過干渉 親への「NO」が生きやすさへの一歩だった

514号 2019/9/15

大人になってからわかった「不登校もムダじゃない」

514号 2019/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...