不登校新聞

352号(2012.12.15)

【報道】12年総選挙 政党アンケート②~いじめの認識と必要な施策は?~

2016年06月27日 19:27 by koguma

いじめの認識と必要な施策は?

【民主】
 学校において、いじめの兆候を見逃さず、把握したときはすみやかに市町村教育委員会へ報告すること、市町村教育委員会は当事者としての責任をもって学校とともに適切な支援を行なうよう、文部科学省より通達を行なっています。学校、教育委員会、国などの関係者が一丸となって取り組むことが必要であると考えています。また、いじめ防止のための措置について、法制化も含めた対応を検討しています。

【自民】
 アンケート調査や相談体制の充実など、まず、早期発見の対応を強化する必要があります。そして、「いじめ」と「犯罪」を明確に区別し、道徳教育の徹底、出席停止処分など、今すぐできる対策を確実に行なうべきです。そのうえで、「いじめ防止対策基本法」を制定して、全都道府県や全市区町村において「いじめ防止条例」を制定する、いじめ対策アドバイザーを設置するなど、総合的ないじめ対策を行ないたいと考えています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...