不登校新聞

437号 2016/7/1

絶望のどん底にいた私を支えた “どん底音楽”高橋優さん

2016年06月27日 16:26 by kito-shin

画像:公式ホームページより

 絶望でどん底のときに、ある映画や音楽に出会う。作品の主人公に自分を重ねあわせて不意に涙が出る。そんな経験ありませんか? どん底だからこそ出会えた人生の宝物。そんな「どん底映画」「どん底音楽」を不登校・ひきこもりの経験者が紹介します。

  私が高橋優さんに出会ったのは中学3年生のときでした。当時の私は友だちもいなく、家族ともうまくいかず、家でも学校でも一人ぼっちでした。自分なんていなくなればいい、そう思っていました。
 

歌詞に衝撃を

 
 そんなときに高橋優さんの歌『少年であれ』に出会いました。この曲は「僕なんか生まれなきゃよかったの?」という歌詞から始まります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

勉強を無理強いせず、本人の自信につながるサポートを目指して

564号 2021/10/15

他人の目がずっと怖かった。不登校を経験した私が今思うこと

564号 2021/10/15

小学4年で不登校に。僕が行きたくないと言った理由

563号 2021/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...