不登校新聞

437号 2016/7/1

絶望のどん底にいた私を支えた “どん底音楽”高橋優さん

2016年06月27日 16:26 by kito-shin

画像:公式ホームページより

 絶望でどん底のときに、ある映画や音楽に出会う。作品の主人公に自分を重ねあわせて不意に涙が出る。そんな経験ありませんか? どん底だからこそ出会えた人生の宝物。そんな「どん底映画」「どん底音楽」を不登校・ひきこもりの経験者が紹介します。

  私が高橋優さんに出会ったのは中学3年生のときでした。当時の私は友だちもいなく、家族ともうまくいかず、家でも学校でも一人ぼっちでした。自分なんていなくなればいい、そう思っていました。
 

歌詞に衝撃を

 
 そんなときに高橋優さんの歌『少年であれ』に出会いました。この曲は「僕なんか生まれなきゃよかったの?」という歌詞から始まります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...