不登校新聞

437号 2016/7/1

絶望のどん底にいた私を支えた “どん底音楽”高橋優さん

2016年06月27日 16:26 by kito-shin

画像:公式ホームページより

 絶望でどん底のときに、ある映画や音楽に出会う。作品の主人公に自分を重ねあわせて不意に涙が出る。そんな経験ありませんか? どん底だからこそ出会えた人生の宝物。そんな「どん底映画」「どん底音楽」を不登校・ひきこもりの経験者が紹介します。

  私が高橋優さんに出会ったのは中学3年生のときでした。当時の私は友だちもいなく、家族ともうまくいかず、家でも学校でも一人ぼっちでした。自分なんていなくなればいい、そう思っていました。
 

歌詞に衝撃を

 
 そんなときに高橋優さんの歌『少年であれ』に出会いました。この曲は「僕なんか生まれなきゃよかったの?」という歌詞から始まります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

他人の目を恐れてた中学生の自分に28歳になった今伝えたいこと

552号 2021/4/15

期待を抱いていた中学校生活で私を待ち受けていたのは

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...