不登校新聞

313号(2011.5.1)

声「居場所ってなんだろ」

2013年06月24日 16:15 by kito-shin


 居場所とはなんだろう。自分のいる場所だろうか。たとえば、学生にとっては学校が居場所なんだろうか。でも、学校にはさまざまな問題がある。いじめ、先輩後輩の上下関係、教師の質、学校の設備そのものetc……、挙げればキリがない。そんな不満とストレスだらけの場所が、本当に居場所って言えるんだろうか。

 「自分にとって心地よい場所」、そこが本当の居場所って言えるんじゃないだろうか。

 じゃあ、フリースクールは居場所だろうか。フリースクールに通って心地よいと感じる人にとっては居場所だろう。すべてのフリースクールを知っているわけではないので、僕が在籍していたころの東京シューレを例に出すと、シューレは好きな場所にいることができた。好きな人と話すことができた。設備的にも不満はあまりなかった。つまり、心地よい場所=居場所だった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...