不登校新聞

313号(2011.5.1)

晴れた昼間は電車を見に行こう

2013年10月11日 14:36 by kito-shin


 僕は中2のころ、不登校をしました。当初、一人で外に出かけるのはすごくドキドキしました。たとえば偶然、「学校の友だちと会ってしまい、もしなにか言われたらどうしよう」、警察に「きみ、学校は?」と聞かれたらどうしよう、など、何か言われたときになんて答えればいいのかわからず、平日の昼間に外に出るのは怖かったのです。しかし、外に出るという恐怖感をじょじょに克服してくれるものがありました。それは自分が小さいころから好きだった電車です。電車に乗るために勇気を出し駅へ向かいます。駅員さんや警察に何か言われるかも、とビクビクしながら駅に着きました。でも、誰一人、話しかけてきませんでした。そのときに考えたことは「自分は悪いことをしているわけじゃないんだから堂々としていればいいんだ」と自信を持てたんです。もし自分が鉄道好きでなかったら、今ごろどうなっていたのだろうと考えてしまうこともあります。

不登校ならではの満喫トレインライフ

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...