不登校新聞

313号(2011.5.1)

晴れた昼間は電車を見に行こう

2013年10月11日 14:36 by kito-shin


 僕は中2のころ、不登校をしました。当初、一人で外に出かけるのはすごくドキドキしました。たとえば偶然、「学校の友だちと会ってしまい、もしなにか言われたらどうしよう」、警察に「きみ、学校は?」と聞かれたらどうしよう、など、何か言われたときになんて答えればいいのかわからず、平日の昼間に外に出るのは怖かったのです。しかし、外に出るという恐怖感をじょじょに克服してくれるものがありました。それは自分が小さいころから好きだった電車です。電車に乗るために勇気を出し駅へ向かいます。駅員さんや警察に何か言われるかも、とビクビクしながら駅に着きました。でも、誰一人、話しかけてきませんでした。そのときに考えたことは「自分は悪いことをしているわけじゃないんだから堂々としていればいいんだ」と自信を持てたんです。もし自分が鉄道好きでなかったら、今ごろどうなっていたのだろうと考えてしまうこともあります。

不登校ならではの満喫トレインライフ

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...