不登校新聞

365号(2013.7.1)

かがり火

2013年08月06日 14:14 by kito-shin


 精神科医・なだいなださんが亡くなった。なださんはアルコール依存症の専門家としても有名であったが、一般常識とはちがう角度から発言するエッセイストとして好きであった。

 かつて「ちくま」というPR誌で、なださんは「迷惑がかかる恐れ」という小文を書いておられた。新興宗教家の娘が、ある有名大学に合格したが、大学側はほかの学生に「迷惑がかかる恐れ」があるとして入学を拒否した。ところが別の有名女優が特別枠で社会人入学すると、何も騒がず、ゼミに多数の学生が集まり混乱しても「迷惑がかかる恐れ」があるとは言わない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...