不登校新聞

365号(2013.7.1)

第12回「やる気のあるフリでいい」

2014年02月13日 15:46 by kito-shin


◎連載「ひきこもるキモチ」

 「脱ひきこもり」をする際に、もっとも大きな壁の一つが、仕事だ。
 
 ひきこもっているときは「仕事」という文字を目にするだけで縮みあがった。「仕事」は僕にとってはつらく「仕事」の人間関係で傷つくし「仕事」は朝起きられない僕を許してくれない。なによりやりたい「仕事」に、もう僕はつけない。とにかく「仕事」なんて僕にはない! そう思い込んで絶望で身動きがとれなくなっていた。
 
 「脱ひきこもり」を決意し、とにかく仕事のことを考えずに進んでいると、あるきっかけが舞い込んできた。僕と同じようにメンタルを病んで半分ひきこもっている生活をしている友人が「俺たち起業しようぜ!」と躁病状態で電話をかけてきた。いつものような躁病患者の戯言かと聞いていると、それなりに説得力があった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...