不登校新聞

365号(2013.7.1)

論説「家族になる 家族である」

2013年06月27日 16:27 by kito-shin
2013年06月27日 16:27 by kito-shin


 傍らにいるべき人がいる。そのようないっしょの誰かがいる。この場合のいっしょの誰かは誰でもいい誰かではない。子どもが自分のためにだけ存在していると感じられる特定の特別の誰かである。そうした誰かを「受けとめ手」と呼べば、子どもは、受けとめ手がいるとき、やすらぎ状態にある。このやすらぎ状態を、子どもは家族あるいは原家族と見なすであろう、このような原家族が安定的に成り立つ場、すなわちやすらぎの場を、家庭であるというふうに考えてきた。
 

 やすらぎ状態とやすらぎ領域

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子どもが一歩を踏み出すときにつぶやく「ひとこと」

593号 2023/1/1

約9割の子どもがいじめを経験 専門家が語るいじめを防ぐ4つのヒント

592号 2022/12/15

ひきこもりって悪いこと?2人の専門家に聞くひきこもりの現在地

581号 2022/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…