不登校新聞

365号(2013.7.1)

不登校・ひきこもり 言われてうれしかった一言

2013年06月27日 16:24 by kito-shin


 前号に続き、今号は「言われてうれしかった一言、言われたかった一言」を掲載する。本テーマについては、子ども若者編集会議の場でも、「言われてつらかった一言」に比べてさほど具体例が出なかった。しかし、「言われてうれしかった一言」は、その多くが日常生活での何気ない一言だというのが、その特徴と言える。ここに、「子どもを元気づける種」があるのではないか。「"あなたはあなた”として生きていてよい」というメッセージが、子どもの"自己肯定感”に与える影響は、けっして小さくない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...