不登校新聞

365号(2013.7.1)

不登校・ひきこもり 言われてうれしかった一言

2013年06月27日 16:24 by kito-shin
2013年06月27日 16:24 by kito-shin


 前号に続き、今号は「言われてうれしかった一言、言われたかった一言」を掲載する。本テーマについては、子ども若者編集会議の場でも、「言われてつらかった一言」に比べてさほど具体例が出なかった。しかし、「言われてうれしかった一言」は、その多くが日常生活での何気ない一言だというのが、その特徴と言える。ここに、「子どもを元気づける種」があるのではないか。「"あなたはあなた”として生きていてよい」というメッセージが、子どもの"自己肯定感”に与える影響は、けっして小さくない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は生徒会長、高校は不登校 苦しさの根底にあった父親の呪縛

591号 2022/12/1

不登校で不安障害だったサッカー選手が不登校の子に伝えたいこと

591号 2022/12/1

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…