不登校新聞

352号(2012.12.15)

【連載】こどもほうりつ相談室

2013年08月07日 15:44 by koguma


■Q 中学3年のT君がクラスのグループから殴られたり、お金を要求されたりしていじめられたときに、その中心のS君をイスで殴ってケガさせたら、T君の方が裁判所に送られて処分を受けたり、暴力では問題解決にならないと室長は言うけれど、正義はどうなるのですか? 納得できないのですけれど。

■室長 何が正義なのかということですよね。S君やそのグループとT君との対立関係だけで、どちらが正しいかという決着をつけることが正義なんだろうか。

■Q ちがうのですか? いじめは許されないと先生たちも言うでしょ?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...