不登校新聞

352号(2012.12.15)

【連載】こどもほうりつ相談室

2013年08月07日 15:44 by koguma


■Q 中学3年のT君がクラスのグループから殴られたり、お金を要求されたりしていじめられたときに、その中心のS君をイスで殴ってケガさせたら、T君の方が裁判所に送られて処分を受けたり、暴力では問題解決にならないと室長は言うけれど、正義はどうなるのですか? 納得できないのですけれど。

■室長 何が正義なのかということですよね。S君やそのグループとT君との対立関係だけで、どちらが正しいかという決着をつけることが正義なんだろうか。

■Q ちがうのですか? いじめは許されないと先生たちも言うでしょ?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...