不登校新聞

440号 2016/8/15

ひきこもり経験者が編み出した洋服屋さんでのノウハウ ひきこもり時給2000円

2016年08月14日 09:20 by koguma

 

さて、オシャレ編の後半は、店員さんとのコミュニケーションについてです。ただ、店員さんとのやりとりにも種類がたくさんあるので、今日は3つのパターンに絞ってご紹介します。


①「とくに目的なく入ったのに、『何かお探しですか?』と言われた」

何か明確な目的があってお店に入ったときは「◯◯を探しているんですが」と返せばいいけど、いつもそうとはかぎりません。むしろ、「何かほしい気分だけど、とくには決まってない」という場合のほうが多かったりします。

こういうとき僕は、「今日はとくに何も決めてない日ですー」と返すことが多いかな。あとは、「ふらっと入ってみましたー」みたいに軽く答えちゃう。お店の人は基本的に服が好きだから、「とくに探してるものがあるわけじゃないけど、ちょっと見てみたい」という気分の日があることはわかってくれます。そこをそのまんま伝えられればOKでしょう。逆に探しものがある場合は、なるべく具体的に伝えるようにします。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

446号 2016/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...