不登校新聞

440号 2016/8/15

当事者手記 友だちの反応がうれしくて【私とメイク】

2016年08月14日 09:34 by shiko


私は小学生のときから、まわりになじめず、陰湿ないじめをたくさん受けました。そして、中学1年のときに力つきて、家から出られなくなりました。そんなある日、マスカラをお母さんにねだって買ってもらったことがきっかけで、メイクに興味を持ちはじめました。

雑誌を見ながら見よう見まねで、まつげを上げてマスカラをぬったとき「こんなに目っておっきくキレイに見えるものなんだ!」と感激しました。

◎少しずつ買い集めて

それから少しずつメイク道具を買い集めました。メイクのことについて載っている雑誌はあさるように読みました。そして私が、メイクが大好きになる一番のきっかけは、友だちの存在が大きいです。友だちが私に「メイクを始めたいんだけど、どんなの買ったらいいかな?」って頼ってくれたのが、めちゃくちゃうれしかったのです。友だちといっしょに選ぶのももちろん楽しいし、「この子だったらこれかな、これもいいな」と考えるだけで、頭のなかのドーパミンがドバドバでした(笑)。 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...