「ほめられたい」。日々、仕事のなかで、生活のなかで、底流のようにくすぶるこの思いをどうしたものか。

「ほめられたい」と思っている人は、僕だけではないはずだ。きっと、ほとんどの人は、必要十分にほめられていない。「ほめられたい」という需要に対して、「ほめる」という供給が圧倒的に不足しているのだ。 

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。