不登校新聞

440号 2016/8/15

親のつらさを軽くしてくれる「親の心構え」 書籍紹介

2016年08月14日 09:46 by koguma


夏休みは不登校の子どもにとって、つかの間の休息期間です。親にとっても、肩の力を少しだけ抜ける時間でもあります。

とはいえ、お盆が明けると、あっという間に2学期がやってきます。「2学期から学校に行く」と約束した子どもは始業式までの2週間をカウントダウンしながらすごしてます。かたや親も「本当に行くかしら」と、心がザワザワします。そんな今だからこそ、本書が大きな支えになります。

『おそい・はやい・ひくい・たかい』は、奇数月に発刊されている雑誌で、おもに学校に関わるテーマを毎号あつかっています。7月号の特集は「園児から大学生まで~行きしぶり・不登校、親の心がまえ」です。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...