不登校新聞

440号 2016/8/15

親のつらさを軽くしてくれる「親の心構え」 書籍紹介

2016年08月14日 09:46 by koguma
2016年08月14日 09:46 by koguma


夏休みは不登校の子どもにとって、つかの間の休息期間です。親にとっても、肩の力を少しだけ抜ける時間でもあります。

とはいえ、お盆が明けると、あっという間に2学期がやってきます。「2学期から学校に行く」と約束した子どもは始業式までの2週間をカウントダウンしながらすごしてます。かたや親も「本当に行くかしら」と、心がザワザワします。そんな今だからこそ、本書が大きな支えになります。

『おそい・はやい・ひくい・たかい』は、奇数月に発刊されている雑誌で、おもに学校に関わるテーマを毎号あつかっています。7月号の特集は「園児から大学生まで~行きしぶり・不登校、親の心がまえ」です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

195号(2006.6.1)

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…