不登校新聞

440号 2016/8/15

親のつらさを軽くしてくれる「親の心構え」 書籍紹介

2016年08月14日 09:46 by koguma


夏休みは不登校の子どもにとって、つかの間の休息期間です。親にとっても、肩の力を少しだけ抜ける時間でもあります。

とはいえ、お盆が明けると、あっという間に2学期がやってきます。「2学期から学校に行く」と約束した子どもは始業式までの2週間をカウントダウンしながらすごしてます。かたや親も「本当に行くかしら」と、心がザワザワします。そんな今だからこそ、本書が大きな支えになります。

『おそい・はやい・ひくい・たかい』は、奇数月に発刊されている雑誌で、おもに学校に関わるテーマを毎号あつかっています。7月号の特集は「園児から大学生まで~行きしぶり・不登校、親の心がまえ」です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

195号(2006.6.1)

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...