不登校新聞

440号 2016/8/15

『はたらかないでたらふく食べたい』著者に聞く

2016年08月14日 10:01 by shiko

 

若手政治学者として注目を集める栗原康さんが著書『はたらかないで、たらふく食べたい』を発刊した。栗原康さんに、ひきこもり情報サイト「ひき☆スタ」と本紙の合同インタビューを行なった。なぜ栗原さんは「はたらかないで、たらふく食べたい」のだろうか。(「ひき☆スタ」サイトで動画も公開中)

 

――栗原さんはご著書で「はたらかないで、たらふく食べたい。これがあたらしい格言だ」と書かれています。どうしたらそんなふうに思えるんでしょう?

もともとそんなに強く思っていたわけではないんです。僕は大学院にかなり長期間通っていたんですけど、そのころは学生という籍があるから、人からやいやい言われることはあんまりなかった。でも、そのあと5年くらい、いっさい仕事がない。いっさいない。週に1コマだけ非常勤講師をして、年収10万円、そういう時期があったんです。

そういうときは親や近所の人、親戚たちから、「やっちゃんは大器晩成型ですかね」なんて、「働け」という意図をこめて言われたりして、やっぱり、「うーん」と思っていたりもしました。もちろん、そうは言っても大学院に行っていたのは、文章を読んだり、書いたりするのがむちゃくちゃ好きだったからです。だから頑として「働かない」ということをやりたいなと、なんかちょっと思ったりして……。だから、もともと働かない意思が強かったわけではないんですよね。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

お金を儲けず、子どもを管理せず、その子の感性に寄り添える場を

520号 2019/12/15

「多動は自然になくなる」精神科医が説く発達障害

189号(2006.3.1)

「子育ては失敗しちゃいけない?」教育ジャーナリストに聞く

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...