不登校新聞

440号 2016/8/15

ふつうの生活すら送れない、どうなっちゃうの【不登校Q&A】

2020年08月06日 11:14 by kito-shin


連載「親のための不登校Q&A」vol.7

 

不登校になると「学校に行かない」というだけでなく、今まで当たり前だと思っていた日常生活すらふつうにできなくなるわが子の姿に「どうしよう……、このままでいいの?」とますます不安に思えてくることがあるのではないでしょうか。
 
「昼夜逆転」「ネット依存」ということだけでなく、今までふつうに交わしていた「おはよう」のあいさつも返してくれない、物は出しっ放しで片づけない、起きているのにいっしょにご飯を食べようとしない、何日もお風呂に入らず同じパジャマを着ている、何カ月も散髪に行かないから髪の毛は伸び放題etc……。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...