不登校新聞

441号 2016/9/1

ひといき 多田耕史

2016年08月29日 14:16 by kito-shin


 福井県越前市に「はぐるま太鼓」という和太鼓の一座がある。さまざまな事情を抱えた若者たちが「はぐるまの家」というところで共同生活をしながら太鼓を練習している。テレビでも何度か紹介され、大きな舞台にも立っている。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...