不登校新聞

441号 2016/9/1

ひといき 多田耕史

2016年08月29日 14:16 by kito-shin


 福井県越前市に「はぐるま太鼓」という和太鼓の一座がある。さまざまな事情を抱えた若者たちが「はぐるまの家」というところで共同生活をしながら太鼓を練習している。テレビでも何度か紹介され、大きな舞台にも立っている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

538号 2020/9/15

ひといき

538号 2020/9/15

森の喫茶店 第538号

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...