不登校新聞

441号 2016/9/1

9月1日の子ども自殺はふだんの倍以上に

2016年08月29日 15:15 by kito-shin



 18歳までの日別自殺者数を見てみると、長期休み明けに、ぐんと多いことが少しは知られるようになった。なかでも9月1日は、過去42年間の合計がその日だけで131人である。

 学校が苦しい。でも行かねばならない。でも行けない。行けない子なんてダメだ。こんな自分は存在しちゃいけない、と思って命を絶つ子もいる。

 9月1日、必死でとても緊張したが行ってみた。でも、明日も来るなんて、とてもできそうにない。学校はつらい。でも行かなくては。それが2学期ずっとつづく。楽になるには死ぬしかない。始業式が終わって亡くなった子もいる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...