不登校新聞

441号 2016/9/1

9月1日の子ども自殺はふだんの倍以上に

2016年08月29日 15:15 by kito-shin



 18歳までの日別自殺者数を見てみると、長期休み明けに、ぐんと多いことが少しは知られるようになった。なかでも9月1日は、過去42年間の合計がその日だけで131人である。

 学校が苦しい。でも行かねばならない。でも行けない。行けない子なんてダメだ。こんな自分は存在しちゃいけない、と思って命を絶つ子もいる。

 9月1日、必死でとても緊張したが行ってみた。でも、明日も来るなんて、とてもできそうにない。学校はつらい。でも行かなくては。それが2学期ずっとつづく。楽になるには死ぬしかない。始業式が終わって亡くなった子もいる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

538号 2020/9/15

ひといき

538号 2020/9/15

森の喫茶店 第538号

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...