不登校新聞

311号(2011.4.1)

世界最大の造形の祭典に行こう

2013年08月05日 15:37 by kito-shin
 
 
 ワンダーフェスティバルとは、年2回、夏と冬に開催される世界最大のガレージキットの祭典。主催者によると「 "ガレージキット”とは、既製のプラスチックモデルに飽きたらず、自身の造形的ニーズやクオリティにこだわるマニアたちが、自分自身で造りあげた原型から複製品をつくり、その価値を理解・共有することができる仲間だけにごく少量だけ頒布していた手作りの模型」だとのこと。お菓子についてくる「おまけフィギュア」とはデキが格段にちがうのである。そのワンダーフェスティバル、1日に4万人もの人が来場すると言われる(今回の参加者は4万7000人)。まさにビックバンなイベントだ。自分はもともとフィギュアを見るのがスキだ。しかし、不登校的体質なのかもしれないが、長時間人ごみの中にいるのは苦手。そうすると、どうしても「そこまでしてほしいものは本当に…」ということばかり考えてしまうのだ。しかし、ここは一種の賭けだ。本当にエンジョイできるのか、人の多さにまいってしまうのか。そう思いながら、いざ当日会場へとむかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...