不登校新聞

442号 2016/9/15

おしゃれをしたい女の子へ、とりあえず「GU」に頼ろう!

2016年09月13日 12:58 by kito-shin
2016年09月13日 12:58 by kito-shin



 おしゃれをしたい女の子へ。おしゃれをしたい。でも肌が汚いし足が太いし何よりブスだし、私なんかがおしゃれをしたらきっと笑われる。学生のころ、私はずっとそう思っていました。行きたい場所があっても自分の容姿に自信が持てず、結局出かけられなかったことも何度もありました。
 
 その後、不登校やひきこもりを経験し、環境が少しだけ落ち着いた20代前半からおしゃれをするようになりました。
 
 けれど今までがまんしてきた反動か、いろいろとやりすぎて母を唖然とさせたりもしました。そんな失敗も経て学んだ結果、ようやくおしゃれのコツが少しわかってきたので書いてみたいと思います。当事者女性編集部員の主観的な意見です、えらそうに感じたらごめんなさい。
 
【髪型】
 
 まず意外と大切なのが髪型で、少しアレンジするだけでかわいくなれます。オススメなのは一つ結び。くわしいやり方は「NAVER 一つ結び」と検索してみてください。100円ショップでかわいいヘアピンやゴムが購入できます。
 
【新品を買おう】
 
 次に洋服ですが、思い切ってトップスを新調しましょう。新品は生地がパリッとしているので、着るだけで自然と清潔感が出ておしゃれに見えます。
 
 買いに行くお店は「GU」がオススメ。流行りの服が揃っていて、値段が安く店員さんもいっさい話しかけてきません。店舗に行くのがたいへんな方は、同じ服が「GU」のオンラインストアで購入できます。ただし試着が出来ない分、きちんとサイズと口コミをチェックしてくださいね。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

624号 2024/4/15

『不登校新聞』のおすすめ

623号 2024/4/1

編集後記

623号 2024/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…