不登校新聞

442号 2016/9/15

おしゃれをしたい女の子へ、とりあえず「GU」に頼ろう!

2016年09月13日 12:58 by kito-shin



 おしゃれをしたい女の子へ。おしゃれをしたい。でも肌が汚いし足が太いし何よりブスだし、私なんかがおしゃれをしたらきっと笑われる。学生のころ、私はずっとそう思っていました。行きたい場所があっても自分の容姿に自信が持てず、結局出かけられなかったことも何度もありました。
 
 その後、不登校やひきこもりを経験し、環境が少しだけ落ち着いた20代前半からおしゃれをするようになりました。
 
 けれど今までがまんしてきた反動か、いろいろとやりすぎて母を唖然とさせたりもしました。そんな失敗も経て学んだ結果、ようやくおしゃれのコツが少しわかってきたので書いてみたいと思います。当事者女性編集部員の主観的な意見です、えらそうに感じたらごめんなさい。
 
【髪型】
 
 まず意外と大切なのが髪型で、少しアレンジするだけでかわいくなれます。オススメなのは一つ結び。くわしいやり方は「NAVER 一つ結び」と検索してみてください。100円ショップでかわいいヘアピンやゴムが購入できます。
 
【新品を買おう】
 
 次に洋服ですが、思い切ってトップスを新調しましょう。新品は生地がパリッとしているので、着るだけで自然と清潔感が出ておしゃれに見えます。
 
 買いに行くお店は「GU」がオススメ。流行りの服が揃っていて、値段が安く店員さんもいっさい話しかけてきません。店舗に行くのがたいへんな方は、同じ服が「GU」のオンラインストアで購入できます。ただし試着が出来ない分、きちんとサイズと口コミをチェックしてくださいね。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...