不登校新聞

442号 2016/9/15

77億円は何に?~不登校等対策費のナゾ

2016年09月13日 16:48 by koguma


 77億円――。2017年度の「いじめ・不登校対策」にかかる予算です。8月30日、文部科学省が示した概算要求で明らかになったもので、2016年度より20億円ほど増えています。
 
 内訳をみると、「外部専門家を活用した事業」が目を引きます。要求額も70億円と突出しています。
 
 おもにはスクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーの配置拡充であり、家庭・学校・教育委員会・福祉関連機関などの連携強化が目的です。それにより、いじめや不登校に対し、未然防止および早期発見・早期対応の視点を踏まえた支援体制の整備をすすめようというわけです。
 

"不登校対策” 動きのなかで

 
 今回は例年よりもていねいに見ていく必要があります。「不登校に関する調査研究協力者会議」の最終報告が7月29日に示されたからです。過去に2回、同会議がその後の不登校対策に多大な影響を与えたことを鑑みても、今後の動きを示唆するものと言えます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...