不登校新聞

442号 2016/9/15

青森中2いじめ自殺 遺書から見えたのは

2016年09月13日 17:03 by kito-shin


 2016年9月1日、始業式から戻った中学3年生の面接相談を受けた。彼女はその小さな背に家庭の重い問題を背負いながら懸命に生きている。昨夜は山のような夏休みの宿題を午前3時までやり、来週はテストが待っていると、疲れた表情で言う。彼女には学校もまた重荷である。

 文科省が2016年7月8日出した通知「児童生徒の自殺予防にかかる取組について」には、8月下旬から9月上旬の18歳以下の自殺増加への対策として、駅、踏切での見守り活動をあげている。そんなに心配なら、9月1日防災の日は休日にし、教員は総出で駅、踏切の見張りをすればいいと言いたくなる。学校が始まると、自らいのちを絶つ子どもが増える社会の異常さをもっと子どもの視点で考えるべきだろう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...