不登校新聞

443号 2016/10/1

ズレたままにしておく 酒場の支援論

2016年09月29日 11:47 by kito-shin
2016年09月29日 11:47 by kito-shin


連載「酒場の支援論」


 じつは秋の札幌も外飲み天国だ。大通公園に道内の秋の味覚が集合する。道産のワインに日本酒、ビールもある。さすがに夜は寒い。仕事をさっさと切り上げて、明るいうちから飲むのが正しい。
 
 相談支援パートナーで通っている中学校の先生からこんな質問をされた。「相馬さん、もっと学校に『こうしてほしい』っていうことはないですか」。酔った頭で考える。どうしてほしいって、まずは報酬を上げてほしい。アルバイトのような金額じゃなく、当たり前の人件費を計上してくれ。そして時間を延ばしてほしい。1日3時間では限界がある。昼休みや放課後も活動したい。
 
 と、そんな話をしてもしかたない。教育委員会に談判する内容だ。学校にお願いできること。それで、こんな提案をしてみる。
 
「あのー、学校は学校の仕組がありますよね。目的と時間が決められている。それは動かせないでしょう」
 
「それはそうですね」
 
「で、別室登校の子たちって、今はちょっとそこに乗れないわけですよね。でも学校には『来なくちゃ』や『来たい』とは思っている」
 
「はい」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…