不登校新聞

443号 2016/10/1

ひきこもり推計54万人 「実態反映してない」との声も

2016年09月29日 12:00 by kito-shin


 2016年9月7日、内閣府はひきこもりの人が全国で54万1000人(推計)にのぼるとの調査結果を公表した(調査名称「若者の生活に関する調査」)。前回調査では69万人(推計)だったため、内閣府は「断言まではできないが支援策に効果があったと考えている」とコメントしている。しかし、ひきこもり当事者や支援団体からは「実態が反映されていない」と批判が相次いでいる。

 ジャーナリスト・池上正樹氏は「40代以上のひきこもり」などが、同調査の結果には「反映されていない」と指摘する。
 
 同調査の年齢対象は15歳~39歳までだが、東京都町田市や秋田県藤里町の社会福祉協議会では、40歳以上のひきこもりも対象とした調査を行なっている。町田市の調査によれば、40歳以上の当事者がひきこもり当事者全体に占める割合は32%。藤里町での調査では47%を占める。こうした結果に対して、内閣府は「あくまで若者にかぎった調査であり、54万人という数字がひきこもりの全容だとは思っていない」と回答している。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の割合過去最高 少子化のなかで不登校13万人の意味

470号 2017/11/15

次号は衆院選特集「不登校についての政党アンケート」を発表します

467号 2017/10/1

不登校対策に来年度73億円、その使い道をご存知ですか?

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...