不登校新聞

443号 2016/10/1

子どもが突然「再登校宣言」する2つの理由

2016年09月29日 12:20 by koguma


 子どもが突然、「2学期から学校に行くから」などと、「再登校宣言」することがあります。その背景には2つの理由が考えられます。
 
 1つ目は「親のため」。不登校の子どもは多かれ少なかれ、「親に迷惑をかけている」と考えていて、それに伴う罪悪感を抱いています。「親を困らせたくない、でも今すぐ学校に戻るのは難しい」という瀬戸際で絞り出した打開策なのです。
 
 2つ目は「自分のため」です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

578号 2022/5/15

編集後記

578号 2022/5/15

『不登校新聞』のおすすめ

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...