子どもが突然、「2学期から学校に行くから」などと、「再登校宣言」することがあります。その背景には2つの理由が考えられます。
 
 1つ目は「親のため」。不登校の子どもは多かれ少なかれ、「親に迷惑をかけている」と考えていて、それに伴う罪悪感を抱いています。「親を困らせたくない、でも今すぐ学校に戻るのは難しい」という瀬戸際で絞り出した打開策なのです。
 
 2つ目は「自分のため」です。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。