不登校新聞

443号 2016/10/1

子どもが突然「再登校宣言」する2つの理由

2016年09月29日 12:20 by koguma
2016年09月29日 12:20 by koguma


 子どもが突然、「2学期から学校に行くから」などと、「再登校宣言」することがあります。その背景には2つの理由が考えられます。
 
 1つ目は「親のため」。不登校の子どもは多かれ少なかれ、「親に迷惑をかけている」と考えていて、それに伴う罪悪感を抱いています。「親を困らせたくない、でも今すぐ学校に戻るのは難しい」という瀬戸際で絞り出した打開策なのです。
 
 2つ目は「自分のため」です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

621号 2024/3/1

編集後記

621号 2024/3/1

『不登校新聞』のおすすめ

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…