不登校新聞

444号 2016/10/15

起立性調節障害だから不登校?

2016年10月13日 16:10 by kito-shin



 学校がいやだとは言わない。宿題もサッサとやる。明日の準備も自分からやる。

 しかし、就寝するころから腹痛を訴える。やがて寝入るが、朝は「平気」と言って登校する。しかし3時間目ごろ、「『気持ちが悪い』と言うので保健室で休ませています」と学校から電話が入る。

 迎えに行くと、顔色がすごく悪い。「めまいがして歩けない」とも言う。帰宅後は寝ずにゲームをやり続ける。食事は、ドカ喰いするときとほとんど食べないときがある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...