不登校新聞

444号 2016/10/15

初のフリースクール「給付型奨学金」、背景に公費格差

2016年10月13日 16:20 by kito-shin

三重シューレのふだんのようす

 全国で初めてフリースクールを対象にした給付型奨学金が、三重県津市で始まった。返済の必要のない「給付型奨学金」を創設したのは三重県遊技業協同組合。経済的な理由により三重シューレヘの入会が困難な家庭に対し、2年間で総額71万円を給付する。「三重シューレ」代表・石山佳秀さんは「たいへん温かい制度で心からうれしい。経済的な問題は創設当初から抱えていた課題の一つだった」と語る。三重シューレの開設は2003年、10年越しの思いであった。

 全国初の給付型奨学金が創設されたのには二つの背景がある。一つは三重県遊技業協同組合が、三重シューレと同じビルに事務所を構えており、日常的に子どもたちの成長を目の当たりにしてきたこと。もう一つは、フリースクールに対する公費格差である。
 
 そもそもフリースクールに通う子どもの家庭は公費格差を強いられている。公立中学校に通う場合は1人あたり年間105万円、私立中学校に通う場合は年間28万円が、学校に対して支払われている。これに対し、フリースクールへの公的な支援は原則0円。文科省の調査によれば月額平均3万3000円を家庭が負担する。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...