不登校新聞

444号 2016/10/15

日焼けした学生を見ると涙が出る【不登校Q&A】

2017年05月22日 12:13 by kito-shin


連載「親のための不登校Q&A」最終回


 学校に行くのがつらいなら行かなくていい。お家がいいならどこにも行かなくてもいい。勉強もその気になったときにしたらいい。そう思ったはずなのに、なぜか気持ちがザワザワして、「本当にいいの?」と気持ちが揺れてしまうことがありませんか。
 
 私もそうでした。いえ、今でもそうかもしれません。
 
 次男が中学に行けなくなったとき、もう戻ることはないと頭ではわかっていたのに、制服姿の中学生を見ると涙が出てしまいました。とくに、真っ黒に日焼けして、友だちとおしゃべりをしながら歩いている部活帰りの中学生を見るのがつらかったです。
 
 同じ不登校の子どもの親どうしで話していても、「塾に行き始めた」「友だちと遊びに行った」という話を聞くと、うらやましく思ってしまいました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...