不登校新聞

444号 2016/10/15

日焼けした学生を見ると涙が出る【不登校Q&A】

2020年08月06日 11:14 by kito-shin
2020年08月06日 11:14 by kito-shin


連載「親のための不登校Q&A」最終回

 

 学校に行くのがつらいなら行かなくていい。お家がいいならどこにも行かなくてもいい。勉強もその気になったときにしたらいい。そう思ったはずなのに、なぜか気持ちがザワザワして、「本当にいいの?」と気持ちが揺れてしまうことがありませんか。
 
 私もそうでした。いえ、今でもそうかもしれません。
 
 次男が中学に行けなくなったとき、もう戻ることはないと頭ではわかっていたのに、制服姿の中学生を見ると涙が出てしまいました。とくに、真っ黒に日焼けして、友だちとおしゃべりをしながら歩いている部活帰りの中学生を見るのがつらかったです。
 
 同じ不登校の子どもの親どうしで話していても、「塾に行き始めた」「友だちと遊びに行った」という話を聞くと、うらやましく思ってしまいました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「僕には何もない」大学卒業を控えて焦る不登校経験者に専門家がかけた言葉

593号 2023/1/1

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…