不登校新聞

444号 2016/10/15

日焼けした学生を見ると涙が出る【不登校Q&A】

2017年05月22日 12:13 by kito-shin


連載「親のための不登校Q&A」最終回


 学校に行くのがつらいなら行かなくていい。お家がいいならどこにも行かなくてもいい。勉強もその気になったときにしたらいい。そう思ったはずなのに、なぜか気持ちがザワザワして、「本当にいいの?」と気持ちが揺れてしまうことがありませんか。
 
 私もそうでした。いえ、今でもそうかもしれません。
 
 次男が中学に行けなくなったとき、もう戻ることはないと頭ではわかっていたのに、制服姿の中学生を見ると涙が出てしまいました。とくに、真っ黒に日焼けして、友だちとおしゃべりをしながら歩いている部活帰りの中学生を見るのがつらかったです。
 
 同じ不登校の子どもの親どうしで話していても、「塾に行き始めた」「友だちと遊びに行った」という話を聞くと、うらやましく思ってしまいました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...