親への拒否感 始まりは


 すべてをあきらめて生き甲斐のなかったころは、おとなしい従順な子だった。
 
 あるときから親の言葉をいっさい受けつけなくなった。拒否感が強すぎて会話が成り立たなくなった。親とは別居を始めた。バイトを始めて自分のお金をつくり、私はようやく自分の人生を生きだした。
 
 もう親の機嫌をうかがわなくても好きな物が買える。自分だけの人間関係も築きはじめた。「親の付属品として仲よくされてるんじゃない」とわかって感動的だった。私の人生はようやく動き始めて、日常は充実していく一方だった。だけど摂食障害が発症した。親は私に「休め」と言った。仕事もやめて「いまの人間関係から離れなさい」と。
 

つらかったとき、心は仮死状態

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。