不登校新聞

366号(2013.7.15)

当事者手記「人生が動き出して摂食障害も」

2013年10月10日 18:32 by kito-shin



親への拒否感 始まりは


 すべてをあきらめて生き甲斐のなかったころは、おとなしい従順な子だった。
 
 あるときから親の言葉をいっさい受けつけなくなった。拒否感が強すぎて会話が成り立たなくなった。親とは別居を始めた。バイトを始めて自分のお金をつくり、私はようやく自分の人生を生きだした。
 
 もう親の機嫌をうかがわなくても好きな物が買える。自分だけの人間関係も築きはじめた。「親の付属品として仲よくされてるんじゃない」とわかって感動的だった。私の人生はようやく動き始めて、日常は充実していく一方だった。だけど摂食障害が発症した。親は私に「休め」と言った。仕事もやめて「いまの人間関係から離れなさい」と。
 

つらかったとき、心は仮死状態

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...