不登校新聞

445号 2016/11/1

【ボツ企画紹介】わかってはいたけど~中島みゆき編

2016年10月28日 17:56 by kito-shin


 不登校新聞にはさまざまな人が登場する。取材を申し込んでスムーズにいくこともあれば、ときとしてはじめから断られるとわかっているような無謀なオファーをかけることだってある。そして……このあいだは無謀なほうだった。相手は歌手の中島みゆき様(以下・敬称略)。インタビューを計画して取材依頼をしたものの、いかんせんメディアに出ること自体が稀な方であり成立しなかった。
 
 私の中島みゆきへの思いには年季が入っている。 15歳のころに「世情」(1978)を聞いて早熟な涙を流して以来、登校圧力に苦しむ毎朝の主題歌が中島みゆきだった。それから十数年の時を経たというのに、当時よく聴いていた曲を耳にすると今でも学校の最悪な情景が蘇ってくる。
 
 その音楽はつねに悲しみに寄り添う特別な周波数を発していた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...