ボブ・ディランにノーベル文学賞のニュースは戦争や犯罪の暗い話題に満ちているなか、ひさびさにさわやかな話題だ。「風に吹かれて」の歌をテレビ、ラジオで毎日聴く楽しみがある。

 アメリカでは泥仕合に陥った大統領選のトランプ候補の口汚い差別発言の演説や「自分が大統領になれば、対立候補は刑務所行き」などの発言に、「それは独裁者の言葉だ。大統領になりたいならどうぞほかへ」とうんざりしている人々にはボブ・ディランのノーベル賞は、ほっとできる話題かもしれない。

 ふと、2016年9月に日本の小中学校学力テストで、愛知、群馬、鹿児島、大分の学校では平均点を上げるために発達障害、不登校傾向や学力の低い子どもには受験させず、あるいはデータからのぞく操作をしたことが判明したという報道を思い出した。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。