不登校新聞

309号(2011.3.1)

不登校世帯の増税問題「文科から回答」厚生省副大臣

2013年07月16日 12:23 by kito-shin
2013年07月16日 12:23 by kito-shin

「文科から回答」厚生省副大臣


 高校無償化の実施にともなう不登校・中退者世帯などへの増税問題をめぐり、2月11日の日本フリースクール大会シンポジウムに出席した民主党の小宮山洋子厚生労働副大臣は、負担増への見解を問われて「文科省から回答するよう文科政務官、副大臣にしっかりと伝えたい」と述べ、政府として見解を明らかにする必要があるとの認識を示した。
 
 高校無償化にともなう特定扶養控除の削減で、不登校や中退者がいる世帯では逆に負担増が生まれる問題について、政府は「何らかの対策を取る」としていた方針をひるがえし新年度予算案では対策費用の計上を見送っている(本紙307号参照)。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

不登校大幅増加の背景に何が 文科省有識者会議委員が解説

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…