不登校新聞

309号(2011.3.1)

不登校きほんのき「お金の払い方は?」

2013年12月16日 12:38 by kito-shin
2013年12月16日 12:38 by kito-shin


◎連載「不登校きほんのき」第4回

 子どもが学校に行かなくなると、いままで疑問にも思わなかったことが「あれ、これからどうしらいいの?」と思うことが次々、持ち上がると思います。学校に払うお金のことも、そのひとつでしょう。

 まず給食費。「引き落とされているけれど、もう2カ月も食べてないわ」と思っても、払わない決心がつきません。払っておくほうが、子どもが「今日、登校する」と言ったときに困らないのではないか、と考えたり、登校して給食がないのもかわいそう、迷惑をかけてもいけないと思ったりしているうちに一年が経ったりします。食べない物は払わなくてよいのです。そのぶん、返金してくれるかというと、それは学校によります。しばらく休むなあ、と思ったら止めてもらい、食べるようになったら払う、というほうがいいと思います。たまに登校した日の給食は、急でも一人分ぐらい何とかなるものです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…