不登校新聞

446号 2016/11/15

わかってはいたけど~長嶋茂雄へのインタビュー編 【ボツ企画紹介】

2016年11月11日 14:28 by kito-shin


残念ながらお蔵入りとなってしまった企画を紹介します。

 元プロ野球選手の長嶋茂雄さんに取材依頼をしました。長嶋さんは輝かしい選手時代を送り、現役を引退してからも野球界のスーパースターとしてジャイアンツの監督をするなど、活躍していました。
 
 そんななか、野球の日本代表監督としてアテネオリンピックでの金メダルを目指す道半ばで脳梗塞になり、療養を余儀なくされました。
 
 病気で金メダルの夢を奪われただけではなく、身体に障害も残り、長嶋さんの気持ちはとてもつらいものであったろうと思います。それでも、長嶋さんは10年以上、今でもリハビリをされ、障害の方も少しずつ改善されている姿をテレビで拝見しました。
 
 僕は、そのような経験をされた長嶋さんにたくさん質問したいことがありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...