不登校新聞

446号 2016/11/15

被災地の避難所で泣かない子どもたち

2016年11月11日 14:48 by kito-shin



2016年10月21日、午後2時すぎに鳥取県中部地方で最大深度6弱の地震が発生した。筆者の住む鳥取県東部地方では震度5弱。診察中だったため、机の下にすぐ避難する者もいた。

 災害時の医療関係の本には「子どもは肉体的、精神的に弱者であり、不安や恐怖については大人と比べると、格段に強く反応する」といった趣旨のことがよく書かれている。しかし、避難所に集まった子どもたちは、怒ったり、泣いたり、騒いだりすることが少なかったそうだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

486号 2018/7/15

かがり火

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...