不登校新聞

446号 2016/11/15

被災地の避難所で泣かない子どもたち

2016年11月11日 14:48 by kito-shin



2016年10月21日、午後2時すぎに鳥取県中部地方で最大深度6弱の地震が発生した。筆者の住む鳥取県東部地方では震度5弱。診察中だったため、机の下にすぐ避難する者もいた。

 災害時の医療関係の本には「子どもは肉体的、精神的に弱者であり、不安や恐怖については大人と比べると、格段に強く反応する」といった趣旨のことがよく書かれている。しかし、避難所に集まった子どもたちは、怒ったり、泣いたり、騒いだりすることが少なかったそうだ。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...