不登校新聞

446号 2016/11/15

「不登校理由」、知りたいのは、大方、他人だけ

2016年11月11日 14:57 by kito-shin


連載「酒場の支援論」


 ついに雪が降った。寒い。鍋ものが恋しい。具で飲んで出汁で飲んで、〆の麺なりおじやなりでまた飲める。鍋でつまみのすべてをまかなえる。なんて経済的。いっしょに燗もできるし。
 
 酔った頭で考える。独身のころ、「なんで結婚しないの」という質問がわずらわしかった。そう言われたって困る。生まれたときは独り身だったから、そのまま育っただけだ。むしろ、途中で結婚した人こそ理由があるのだろう。質問するなら「なんで結婚したの」が正しいので、していない方に訊いてもしかたない。適当にはぐらかしていたら、「早く結婚しなさい」「いつになったらするの」と急かす人まで現れた。
 
 結婚して、ようやく解放されたと思ったのもつかの間、今度は「なんで子どもをつくらないの」がやって来た。それはね、生まれたときに子どもがいなかったからですよ。
 
 「しない理由」を問われるところは不登校も似ている。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...