不登校新聞

309号(2011.3.1)

食べるいのち「映画・いのちの食べ方」

2013年07月16日 13:51 by kito-shin
2013年07月16日 13:51 by kito-shin

~子ども若者編集部企画~

 298号でスタートした不定期連載企画「食べるいのち」。企画を立ち上げる契機のひとつにもなった映画のレビューを執筆した。

 「いのちの食べ方」という映画を知ったのは、もう2年くらい前のことであろう。外国の言葉がいっぱい喋れるネットの友だちから「見たほうがいい映画だ」と勧められたのが、始めてのことだった。しかし、そのときは関心がなかった、というより動物には無関心なのだ。そんな自分が、やっとこの映画「いのちの食べ方」を見た。

 というのも、子ども若者編集部では、いま「食べるいのち」という企画を進行中だ。ふだん食べているものはいったいなんなのか。それを自分たちで考えていこうという企画なのだ。その一端でこの「いのちの食べ方」を、食べるいのちプロジェクトメンバーで、見ることになった。

 一度目……、それなりにおもしろかったのだが、よくわからない部分も多かったので、あらためて一人で見てみた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

195号(2006.6.1)

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…