不登校新聞

308号(2011.2.15)

不登校当事者・秋山琴美さん(17歳)に聞く

2013年08月05日 15:41 by kito-shin


――小学6年生から不登校だと聞きましたが、不登校についてどう考えていますか?
 この何年か、私はずっと「不登校を肯定しきれない」ということを考えてきました。けっして不登校がダメだと否定しているわけではないんです。ただ、うまく言葉では言い表せないんですが「不登校で何が悪い」とは胸を張って言えないんです。というのも、本や周囲の人から得られるのは「学校に行かないと生きていけない」という結論です。それに対して「ちがうよ」と思うのと同時に納得もするんです。むしろ「学校には行かない理由」を考えることがしんどいというか、その基盤が自分のなかでグラグラしています。
 
――進路についてどう考えていますか?
 うーん……、いまの私にとって「不登校を肯定しきれない」というのを、なんとかしなければ、次のステップに行ってはいけないような気がしているんです。不登校は過去のことだと忘れ去ることができないし、だけど焦って考えても結論は出ない。「どうしようかな~、困ったな~」というのが正直な気持ちです。(了)

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...