不登校新聞

448号 2016/12/15

原発いじめの本当の原因

2016年12月13日 17:01 by kito-shin



 福島県から横浜市へ東日本大震災、原発事故の被害から小学校2年生で避難してきた子に対する小学校時代からの深刻ないじめが明るみに出た。

 彼が昨年小学校6年生のときに書いた手記の言葉には胸が痛くなる思いがする。「いままで、なんかいも死のうとおもった。でも、しんさいで、いっぱい死んだから、つらいけど、ぼくはいきるときめた」。彼のまわりで、大震災と津波で一瞬にして多くの人がいのちを失い、自宅を失い、大切なものを失った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

578号 2022/5/15

編集後記

578号 2022/5/15

『不登校新聞』のおすすめ

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...