不登校新聞

448号 2016/12/15

原発いじめの本当の原因

2016年12月13日 17:01 by kito-shin



 福島県から横浜市へ東日本大震災、原発事故の被害から小学校2年生で避難してきた子に対する小学校時代からの深刻ないじめが明るみに出た。

 彼が昨年小学校6年生のときに書いた手記の言葉には胸が痛くなる思いがする。「いままで、なんかいも死のうとおもった。でも、しんさいで、いっぱい死んだから、つらいけど、ぼくはいきるときめた」。彼のまわりで、大震災と津波で一瞬にして多くの人がいのちを失い、自宅を失い、大切なものを失った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...