不登校新聞

448号 2016/12/15

原発いじめの本当の原因

2016年12月13日 17:01 by kito-shin



 福島県から横浜市へ東日本大震災、原発事故の被害から小学校2年生で避難してきた子に対する小学校時代からの深刻ないじめが明るみに出た。

 彼が昨年小学校6年生のときに書いた手記の言葉には胸が痛くなる思いがする。「いままで、なんかいも死のうとおもった。でも、しんさいで、いっぱい死んだから、つらいけど、ぼくはいきるときめた」。彼のまわりで、大震災と津波で一瞬にして多くの人がいのちを失い、自宅を失い、大切なものを失った。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...