不登校新聞

448号 2016/12/15

年末年始の帰省は気がすすまない【娘編】

2016年12月15日 11:44 by kito-shin


 年末年始の帰省は、親にとっても子どもにとっても悩みのタネですよね。今回は親の側と子どもの側から、年末年始の帰省問題について、それぞれ書いてもらいました。

年末年始の帰省は… 子ども編


 私は中学2年生のとき不登校になり、以来ずっとうまく社会に適応してる人に対して劣等感を感じながら生きてきました。とくに20代前半がつらくて、非定型うつ病やパニック障害、強迫性障害などを併発した私は、ずっと自宅で療養していました。 
 
 そんな私にとって、お正月の親戚の集まりは悩みのタネでした。私は歳の近い仲よしのいとこがいるので、会えることはうれしかったのですが、いとこが社会人としてちゃんと働いているのがとても輝いて見えてしまって、帰宅してからよく泣きました。
 
 また大晦日は、毎年「ああ、今年もなにもなく1年が終わってしまう……」と鬱モードに入り、夜9時くらいからふて寝したりしていました。 
 
 どうにか、年末年始をいい気分ですごすことができないかな、と、新聞社スタッフの小熊さんと小熊さんの奥さんに相談をしました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

偏差値37から大学へ 実体験から考える不登校からの勉強で大事なこと

580号 2022/6/15

「学校は毎日通わなければ」と思っていた私が自分のペースで学校と付き合えるようになるまで

580号 2022/6/15

映像会社で働く僕が不登校経験を「こんなもん」と思えた理由

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...