不登校新聞

448号 2016/12/15

年末年始の帰省は気がすすまない【娘編】

2016年12月15日 11:44 by kito-shin


 年末年始の帰省は、親にとっても子どもにとっても悩みのタネですよね。今回は親の側と子どもの側から、年末年始の帰省問題について、それぞれ書いてもらいました。

年末年始の帰省は… 子ども編


 私は中学2年生のとき不登校になり、以来ずっとうまく社会に適応してる人に対して劣等感を感じながら生きてきました。とくに20代前半がつらくて、非定型うつ病やパニック障害、強迫性障害などを併発した私は、ずっと自宅で療養していました。 
 
 そんな私にとって、お正月の親戚の集まりは悩みのタネでした。私は歳の近い仲よしのいとこがいるので、会えることはうれしかったのですが、いとこが社会人としてちゃんと働いているのがとても輝いて見えてしまって、帰宅してからよく泣きました。
 
 また大晦日は、毎年「ああ、今年もなにもなく1年が終わってしまう……」と鬱モードに入り、夜9時くらいからふて寝したりしていました。 
 
 どうにか、年末年始をいい気分ですごすことができないかな、と、新聞社スタッフの小熊さんと小熊さんの奥さんに相談をしました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...