不登校新聞

448号 2016/12/15

年末年始の帰省は気がすすまない【娘編】

2016年12月15日 11:44 by kito-shin


 年末年始の帰省は、親にとっても子どもにとっても悩みのタネですよね。今回は親の側と子どもの側から、年末年始の帰省問題について、それぞれ書いてもらいました。

年末年始の帰省は… 子ども編


 私は中学2年生のとき不登校になり、以来ずっとうまく社会に適応してる人に対して劣等感を感じながら生きてきました。とくに20代前半がつらくて、非定型うつ病やパニック障害、強迫性障害などを併発した私は、ずっと自宅で療養していました。 
 
 そんな私にとって、お正月の親戚の集まりは悩みのタネでした。私は歳の近い仲よしのいとこがいるので、会えることはうれしかったのですが、いとこが社会人としてちゃんと働いているのがとても輝いて見えてしまって、帰宅してからよく泣きました。
 
 また大晦日は、毎年「ああ、今年もなにもなく1年が終わってしまう……」と鬱モードに入り、夜9時くらいからふて寝したりしていました。 
 
 どうにか、年末年始をいい気分ですごすことができないかな、と、新聞社スタッフの小熊さんと小熊さんの奥さんに相談をしました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...