不登校新聞

449号 2017/1/1

2016年の市民活動

2016年12月27日 16:11 by kito-shin

9月1日に集中する子ども自殺に向けて作成された動画
【不登校】学校に行くことは義務じゃない

 NPO法人「フリースクール全国ネットワーク」の取り組みには、例年を上まわる関心が集まり、子どもの実行委員会で取り組むフリースクールフェスティバルは、シンポジウムやステージ、出店のある「秋の陣」、音楽ライブを行なう「冬の陣」と2日間開催。700人を超える参加者があった。
また、フリースクールスタッフ養成研修は、例年2日間のところ、計8日間行なわれた。
 
 「フリースクール全国ネットワーク」が「多様な学び保障法を実現する会」とともに、1年間、もっとも力をいれたのは、新法成立への活動であった。各種集会、学習会、公開イベントのほか、「多様な学び実践研究フォーラム」を開催。韓国の実践に学んだり、多様な学びの場で学ぶ子ども自身が報告を行ない、270名の参加があった。
 
 一方、教育機会確保法案に反対する市民活動も活発に行なわれ「不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会ネットワーク」などを中心に、各種集会や白紙撤回を求める請願、国会スタンディングなどを行ない、署名は1万筆を超えて集まった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...