不登校新聞

449号 2017/1/1

2016年の学校・教員問題

2016年12月27日 16:21 by kito-shin



 2016年の報道で目立ったのは、教師の子どもへの問題行動であった。
 
 1月、群馬で下級生への暴力を疑われた小6男子が、教師から暴力を受け、男児は壁に頭をぶつけ、床に倒れるなどしてケガを負った。
 

いじめで骨折 教員、ウソを指示

 
 2月、千葉県の特別支援学級に通う低学年の生徒に対し、頭部や腹部を叩いたり、教室へ入る際、足首をもって引きずるなどの行為をした教員がいた。兵庫の中学校教員は、いじめによって骨折した生徒に「病院では階段から転んだことにしておけ」と、うその説明をするよう指示。
 
 3月には広島で、万引き歴があったことを理由に「高校への推薦はできない」と教師が中3男子に告げ、中3男子が自殺した。この万引き歴はのちに誤った記録であることがわかっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...