不登校新聞

449号 2017/1/1

2016年の学校・教員問題

2016年12月27日 16:21 by kito-shin



 2016年の報道で目立ったのは、教師の子どもへの問題行動であった。
 
 1月、群馬で下級生への暴力を疑われた小6男子が、教師から暴力を受け、男児は壁に頭をぶつけ、床に倒れるなどしてケガを負った。
 

いじめで骨折 教員、ウソを指示

 
 2月、千葉県の特別支援学級に通う低学年の生徒に対し、頭部や腹部を叩いたり、教室へ入る際、足首をもって引きずるなどの行為をした教員がいた。兵庫の中学校教員は、いじめによって骨折した生徒に「病院では階段から転んだことにしておけ」と、うその説明をするよう指示。
 
 3月には広島で、万引き歴があったことを理由に「高校への推薦はできない」と教師が中3男子に告げ、中3男子が自殺した。この万引き歴はのちに誤った記録であることがわかっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

不登校の「教育機会の確保」に向けて 千葉県で議連発足

479号 2018/4/1

4000人調査から見るブラック校則の世代格差とは?

479号 2018/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...