不登校新聞

450号 2017/1/15

ひといき 小熊広宣

2017年01月13日 12:42 by kito-shin


 結論から言うと、過去最高の出来だった。小熊家年末恒例行事のチャーシューづくりの話である。本紙448号で子ども若者編集部員が紹介してくれた通り、わが家での大みそかはチャーシューづくりと決まっている。夫婦そろって台所で格闘し、チャーシューメンで年を越すのだ。
 
 前日までに3kgの豚肉を買い込み、卵は40個用意し、準備は万端……のはずだった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

鉄道ジャーナリストが「鉄道好きの不登校」に贈る、鉄道をもっと楽しむ方法

519号 2019/12/1

不登校の子どもが創る学校 不登校の歴史vol.519

519号 2019/12/1

かがり火

519号 2019/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...