不登校新聞

450号 2017/1/15

かがり火 奥地圭子

2017年01月22日 10:39 by kito-shin
2017年01月22日 10:39 by kito-shin



 憲法26条は、すべての国民に教育を受ける権利を保障している。この26条の学習権保障は、人権保障の中核だと自分は考えている。

 人が人として生まれただけで尊厳ある存在で、一人ひとりが自らの意思により、自らの尊厳を守る、人が人たるものとして生きるうえで、教育を受ける権利が保障されることがないとほかの権利も保障されないのだと思う。

 こんな話から始まった文部科学省の前川事務次官の講演は、たいへんすばらしいものだった。2016年12月24日、「教育機会確保法成立・これからのことを話そう」の集いでのことである。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

591号 2022/12/1

『不登校新聞』のおすすめ

591号 2022/12/1

編集後記

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…