不登校新聞

450号 2017/1/15

かがり火 奥地圭子

2017年01月22日 10:39 by kito-shin



 憲法26条は、すべての国民に教育を受ける権利を保障している。この26条の学習権保障は、人権保障の中核だと自分は考えている。

 人が人として生まれただけで尊厳ある存在で、一人ひとりが自らの意思により、自らの尊厳を守る、人が人たるものとして生きるうえで、教育を受ける権利が保障されることがないとほかの権利も保障されないのだと思う。

 こんな話から始まった文部科学省の前川事務次官の講演は、たいへんすばらしいものだった。2016年12月24日、「教育機会確保法成立・これからのことを話そう」の集いでのことである。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...