不登校新聞

346号(2012.9.15)

ひといき

2013年08月19日 11:30 by kito-shin

 

 

 ここ数日、やや暑さも和らぎ、秋の訪れも間近ですね。さて、私はふだん在宅不登校をサポートする東京シューレ・ホームシューレで仕事をしています。通いのフリースクールとちがい、会員は毎月の会員誌やネット上での交流がメイン。みなさん住むところも全国各地。そのため、直接会う機会はかぎられるのですが、今年は地方サロンを全国4カ所で開催。「会って話そう、遊ぼう!」と9月までに名古屋、北海道、いわきを回ってきました。11月には秋の金沢サロンが待っています。兼六園からも近い会場で子どもはゲームやお絵かき。大人はおしゃべり。半日と短い時間ですが、会員以外の参加もOKですので、お近くの方、興味がおありの方はぜひいらしてください。お問合せはホームシューレまで/03・3909・0046 (東京編集局・堂満由美)

関連記事

ひといき 小熊広宣・山下耕平

243号(2008.6.1)

コラム「学校に行くか死ぬか、以外の道」 小熊広宣

緊急号外(無料)

ひといき 堂満由美・多田耕史

251号(2008.10.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...