不登校新聞

451号 2017/2/1

内閣府調査では見えない「40代ひきこもり」 家族会が実態調査

2017年01月27日 15:33 by kito-shin
2017年01月27日 15:33 by kito-shin


 2017年1月22日、「ひきこもりの高年齢化」に関する調査結果が報告された。実施したのは「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」(以下、「家族会」)。調査結果からは、ひきこもりの長期化や高年齢化に加え、相談を受ける各自治体の窓口が直面する問題も浮き彫りとなった。
 

当時の状況 61人に調査

 
 今回は「家族会」の会員の子どもで、「40歳以上」で10年以上ひきこもっている経験を持つ61人について調査した。
 
 ひきこもりになったときの平均年齢は22・9歳。当時の状況については「就労中」が13人ともっとも多く▽「就労後休職・失職中など」(11人)▽「高校生」(9人)と続いた。現在の状況について、もっとも多かった回答は「社会参加(就労・就学・ボランティアなど)している」(13人)だった。
 

統計から消える40代ひきこもり

 
 ひきこもりについては2016年9月、内閣府が「若者の生活に関する調査報告書」のなかで「ひきこもりの若者はおよそ54万人いる」との調査結果を発表、「ひきこもり対策が進んでいる」と、一定の成果を強調した。2010年の同調査と比べ、およそ15万人も減少したためだ。
 
 これには、ひきこもり支援関係者などから異論が相次いだ。「40歳以上」が調査結果から除外されているためだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめ・教員を理由とした不登校 教員と子どもの認識に数十倍の開き【全文公開】

592号 2022/12/15

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…